カードローンの審査に通るために特に重要なポイントは?

カードローンの審査で大切なことは1つや2つではないのですが、特に見られている部分はあります。個人の属性情報については、ある程度細かいところまで見られており、特に会社に勤めている期間は多くの方も知っていると思いますが、よく見られています。

これは長ければ長いほど良いと思っているかもしれませんが、ある程度の年数を超えていれば、あまりそれ以上は変わらないことも多いです。ただ、最低限ほしいのは1年以上です。1年未満の在籍年数だと、審査に大きく影響することになるでしょう。

1年よりも2年、2年よりも3年の方が良いのですが、3年以上はそれほど評価は変わらないことが多いです。こうした属性情報は、特にカードローンの審査においては欠かせないもので、やっぱり長く同じ会社で働いてくれている人の方が安心感があるのです。

途中転職をしていても、特に空白期間がなければ良いのでは?と思うかもしれませんが、過去に転職をしていると、今後も転職するんじゃないの?ということも頭をよぎりますよね。そして、転職をした結果、収入が下がったり、収入が不安定になったりする可能性もあります。

過去に転職があったとしても、同じ会社にずっと勤めていれば、現時点で少なくとも転職をしそうな雰囲気はないと判断できるので、そこがやはり安心につながるのです。

貸した後に転職をされるというのも困るわけですから、過去の在籍期間を見て、この先転職するんじゃないか?と思われるような状況ではいけないということなのです。

カードローンは三井住友銀行カードローンなど、銀行であれば総量規制は関係ないのですが、消費者金融の場合には関係あります。

在籍期間などの属性情報以前に総量規制の段階で実はもう借りられないというケースも意外とありますから、まずはそこを確認してから申し込みにいきましょう。

1年は最低クリアしておきたい数字なので、1年に満たない場合で待てる場合には、それが経過してから申し込んでみても良いのではないでしょうか?