カードローンの審査に通るために特に重要なポイントは?

カードローンの審査で大切なことは1つや2つではないのですが、特に見られている部分はあります。個人の属性情報については、ある程度細かいところまで見られており、特に会社に勤めている期間は多くの方も知っていると思いますが、よく見られています。これは長ければ長いほど良いと思っているかもしれませんが、ある程度の年数を超えていれば、あまりそれ以上は変わらないことも多いです。ただ、最低限ほしいのは1年以上です。1年未満の在籍年数だと、審査に大きく影響することになるでしょう。1年よりも2年、2年よりも3年の方が良いのですが、3年以上はそれほど評価は変わらないことが多いです。こうした属性情報は、特にカードローンの審査においては欠かせないもので、やっぱり長く同じ会社で働いてくれている人の方が安心感があるのです。途中転職をしていても、特に空白期間がなければ良いのでは?と思うかもしれませんが、過去に転職をしていると、今後も転職するんじゃないの?ということも頭をよぎりますよね。そして、転職をした結果、収入が下がったり、収入が不安定になったりする可能性もあります。過去に転職があったとしても、同じ会社にずっと勤めていれば、現時点で少なくとも転職をしそうな雰囲気はないと判断できるので、そこがやはり安心につながるのです。貸した後に転職をされるというのも困るわけですから、過去の在籍期間を見て、この先転職するんじゃないか?と思われるような状況ではいけないということなのです。カードローンは三井住友銀行カードローンなど、銀行であれば総量規制は関係ないのですが、消費者金融の場合には関係あります。在籍期間などの属性情報以前に総量規制の段階で実はもう借りられないというケースも意外とありますから、まずはそこを確認してから申し込みにいきましょう。1年は最低クリアしておきたい数字なので、1年に満たない場合で待てる場合には、それが経過してから申し込んでみても良いのではないでしょうか?

信用情報がブラックとは

金融信用情報というのがあります。要するにその人の今現在の収入、借金、資産やこれまでの履歴などです。金融機関が把握しやすいものとそうでないものがあります。よくブラックと呼ばれる状態の人がいますが、これは実は法律的に決まっていることではないです。特定の業者のブラックリストに載っている、というだけの話です。しかし、こうした情報は横の繋がりがある金融業界においては、致命的でもあります。つまりは、お金を貸してくれないことが多くなります。ブラックに載っている、というのはそうした状態のことを指します。だからといって、実は金融機関側としても貸してはいけない、というわけではないです。例えば、あらゆる点でブラックになる自己破産ですが、これもその後、すぐにでもお金を貸してはいけない、という法律的な制限があるわけではないです。金融信用情報がブラックである、というのは実はかなり曖昧でもあるわけです。貸してくれるところが絶対にないわけではないといえます。しかし、基本的にはまったく信用できない人、という評価になるわけですから、ほぼ無理であることは理解しておいたほうがよいでしょう。このブラックにはどうやったらなってしまうのか、という疑問があることでしょう。一つとして、返済の遅延があります。すぐにそうなるわけではないですが、あまりにも回数を重ねることになりますし、ブラックになる可能性があります。金融機関、業者側から貴方はブラックです、と通告があるわけではないです。単純にそれ以降、貸してくれなくなるだけです。もちろん、情報は他の業者にも繋がっている可能性が高いですから、他からも借りることが困難、或いは不可能になります。こうした情報を共有するのはプライバシーの侵害では、と思うかもしれませんが、これは指定信用情報機関というところが取り扱っており、まったく問題ない行為になっています。むしろ、金融機関、業者としては隠されては困る情報になります。

派遣で年収不安定だけど審査って通るものなの?

消費者金融などでお金を借りる時には、職業が一つの審査ポイントになります。では、派遣社員であり、収入が不安定であると貸してもらうことができないのか、といいますとそんなことはないです。派遣社員も立派な雇用形態であり、高評価を受けるわけではないですが収入があるならばまったく問題なく貸してくれる可能性が高いです。むしろ、他に借金はないのか、ということのほうが大事になります。派遣と言う雇用形態は確かに不安定であることが多いです。極めてレベルの高い技能が必要になる派遣の場合は収入も良いことが多いですが、そうでない派遣社員が増えたのは確かです。そして、そうした人達は得てしてお金に困ることが多いです。そんな時に利用することがお勧め出来るのがキャッシングサービスです。自分は金融信用情報がよくないと思っている人も派遣であるだけでマイナス評価になることはない、と理解しておくべきでしょう。借金があるかないか、ということのほうが大事になります。審査は通るのかどうかは一概にはいえないことではありますが、派遣社員であるから絶対に駄目ということはないです。その点に関しての心配は一切ないです。但し、消費者金融を使う時には色々と書類が必要になりますから、一式揃えて行くことが話をスムーズに進める為には必要になります。即日融資を希望しているのであれば、用意していったほうがよいでしょう。具体的に必要になる物はやや異なる場合もありますから電話をして確認したほうがよいですが、基本としては身分証明ができる物、公共料金などの支払い明細になります。後は在籍確認をされることになりますから、職場に電話がいくと思っておくべきです。これが心配である、という人も多いでしょうが別に消費者金融であることを教えるわけではないです。あくまで知人を装って電話をしますから、その点も怖がることはないです。派遣社員であること自体が問題になることはないので借りたいのであれば行ってみることです。

PAGETOP
Copyright © カードローン審査対策ラボ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.